業務領域 - 人材育成 SERVICES
フロイデ TOP  >  事業内容  >  新規事業サポートメニュー  >  新規事業プランニング

新規事業サポートメニュー 『フェーズ3:新規事業プランニング』

新規事業アイデア抽出  ビジネススキーム化   事業プラン作成  収支計画作成   事業性評価  投資委員会等による承認

[メニュー3-A] 新規事業プランニング

目的規定から開始し、御社に最適かつ成功確率の高いプランを一括で作成・ご納品致します。


  • 事業経験豊富な弊社コンサルタントが、 御社に最適化した新規事業プランをオーダーメイドで作成いたします。
  • 御社における新規事業の目的・要件定義から環境分析、 詳細な事業プランまでを一括でご納品致します。 御社内既存シードの活用など、ご要望にあわせたプラン作成が可能です。
  • 既にご検討やスタートが始まっている新規事業に関しても、 外部からのモデル再検討、方向性修正などでの活用もできます。
  • 御社社員メンバーとのワークショップスタイルでの実施により、 プランの精度向上と、プラン実行人材の育成を同時に兼ねることができます。
  • 作成プランの実行に当たっては、ハンズオン型で、 弊社からマネジメント人員を提供しての立ち上げ支援も可能です(費用別途)。
新規事業プランニングの実施イメージ

[メニュー3-B] 新規事業創出ワークショップ

御社内の実際のビジネスシードを元に、研修形式で実行可能な新規事業プランを作成します。


  • 事業経験豊富な弊社パートナーの主導の下、 ワークショップスタイルで、事業計画書を作成していく研修です。
  • レクチャースタイルのインプットと チーム制プロジェクト体験型ワークショップで構成。
  • 全体として、新規事業立ち上げのプロセスを シミュレーションすることができる構成により、 リアリティーのある実践疑似体験が可能。 前半は講義形式のインプットに軸をおき、 後半は具体的に提示された事業案件へのフィードバックを中心に実施、 事業アイデアの精度を高めます。
  • 事業企画作成プロセスを体験することで、 「社員の事業構想力」の向上を図ります。 また、そのプロセスを通して、実際に具現化可能な、 「確度の高い新規事業プラン」を手に入れることができます。

※本メニューは、メニュー2-Aと同じプログラムです

[メニュー3-C] 社内作成新規事業プランへのアドバイス

御社社内メンバーが作成した新規事業プランに対し、事業経験者がフィードバックを行ないます。


  • 御社社内の新規事業企画メンバーが作成した新規事業プランに対し、豊富な事業経験を持つ弊社コンサルタントが、内容の評価及び、事業化に向けたポイントや修正すべき点についてフィードバックを行ないます。
  • アドバイス形式により、事業経験豊富な外部コンサルタントのエッセンスを効率よく利用することができます。
  • 「社員が考えた新規事業企画だが、本当にこれで成功するのか迷っている」や、「事業化の承認を得る前に、  外部の客観的な意見を聞いてみたい」といったご担当者様、マネージャー様の悩みにお答えします。
  • 事業化や予算付けの判断の前段階においてのご利用がお奨めです。

[メニュー3-D] 事業アイデア公募コンテスト(新規事業提案制度)アドバイス

社内事業アイデアコンテストの企画・実行サポートを行ないます。


  • 企業が実施する社員他向けの事業アイデアコンテストの企画及び実行(プラン評価等)におけるアドバイスを行ないます。
  • 公募型での新規事業アイデアコンテストの新規導入を検討されている企業様、また、既に公募型の仕組みを導入しているが、プラン数の減少や事業化数の少なさなど、課題を抱えている企業様、いずれに対しても  効果的な仕組みのあり方に関するアドバイスを行ないます。
  • 「プランが集まらなくて困っている」「集めたはよいが、どのように評価したらよいかわからない」などのご担当者の悩みを解決致します。

[メニュー3-E] 事業性評価調査(フィージビリティスタディ)

外部の視点から、御社新規事業プランに対する総合的な評価調査を実行します。


  • 御社新規事業プランに対し、必要に応じて市場・競合調査、社内リソース調査等を適宜実行しつつ、事業の成功確率を検証してゆきます。
  • 市場創造型ビジネスについても、思考実験をベースに、市場の展望及び事業の可能性に関し、合理的な結論を導出します。
  • ご要望があれば、ビジネスプランの修正や、代替プランのプランニングまでの実行が可能です。

[メニュー3-F] 投資委員会・役員会等への外部アドバイザー参加

事業化判断を行なう会議体に外部アドバイザーとして参加し、意思決定のサポートを行ないます。


  • 投資委員会、役員会等、新規事業プランの事業化の可否を判断する会議体に、弊社コンサルタントが参加し、意思決定のサポートを行ないます。
  • 社内状況に関する知見の深い自社マネジメント層に、事業経験豊富かつ市場動向に詳しい外部コンサルタントを加えることで、事業プラン評価の客観性、妥当性は向上します。
  • 外部コンサルタントを加えることで、会議体メンバー自体の事業評価スキルも高まってゆきます。




資料請求・お問い合わせ
ページの先頭へ