フロイデ TOP  >  出版物・連載など  >  「ブレークスルーの瞬間」刊行特別講座(2011年9月7日〜)

 【満員御礼】以下日程はお陰さまで定員となりました。
車載機器メーカー、製薬メーカー、ソフト開発、エンジニアリング会社、他、各企業の事業開発・新規事業立ち上げに関わる担当者参加にて実施致します。次回開催にご関心ございましたらinfo@freude.co.jpにご連絡賜れましたら幸いです。開催議事録サマリーと合わせてお届けできればと考えております。

 弊社坂本桂一の最新刊「ブレークスルーの瞬間(近代セールス社、2011年8月1日)」刊行特別講座を開催いたします。

「ブレークスルーの瞬間」刊行特別講座のご案内

 本物のプロ経営者は、ビジネスを感覚としてみていける ”ビジネス将棋指しの目”を持ち、大局観を持って、普通の人には 分からない一手をビジネスシーンにおいて打ち出すものです。
  企業が迎える”ブレークスルーの瞬間”の事例から読み取れるのは、あたかもプロの将棋指しが盤面を読むがごとく、ビジネスを大きく全体として見る大局観です。
 当該講座では設定されたテーマをもとに、3回にわけて少人数で討議を行い複雑系で構成されているビジネスを読み解く視点を養って頂きます。

この講座は近代セールス社から出版された「ブレークスルーの瞬間」を元に構成されています。プロローグをお読みいただけると「ビジネス将棋指しとは何か?」について、ご理解いただけると思います。プロローグ全文はこちら(PDF)

  →著書「ブレークスルーの瞬間(近代セールス社、2011年8月1日)」の紹介ページはこちら


【テーマ】
 ビジネス将棋指し養成講座
  〜複雑系で構成されるビジネスを読み解く〜

【講師】

坂本桂一((株)フロイデ 会長)、シニアパートナー

 

【日程と概要】

2011年9月7日(水)、9月21日(水)、10月5日(水)
各回とも19〜22時

【スケジュール】

◆DAY1:9月7日 

19時〜20時 坂本講演「ブレークスルーの瞬間@」

20時〜22時 以下テーマに基づき、参加者・講師で討議実施 (テーマは参加者から事前に提出いただいた中から選択。今回開催のテーマは以下。)

 

◎討議テーマ1、「ユニクロ(ファーストリテイリング)」のブレークスルーの瞬間

◎討議テーマ2、ネットワークは、将来の健康管理や医療をどのように変えてゆくのか?

 新薬事業に大きな影響を与えるものの、成否のボラリティーが大きい上に、 これまでとは全くの異なるパラダイム、テクノロジーに基づくものであり、 どのように取り扱って良いのか未知数が大きい

 

◆DAY2、9月21日

19時〜20時 坂本講演「ブレークスルーの瞬間A」

20時〜22時 以下テーマに基づき、参加者・講師で討議 (テーマは参加者から事前に提出いただいた中から選択)

 

◎討議テーマ3、製造業の海外進出の成否を分けるポイント

◎討議テーマ4、「楽天」のブレークスルーの瞬間

◎討議テーマ5、(仮)未来、電気自動車は普及するのか?普及するとしたらどんな周辺ビジネスが成り立つか?

ハイブリッド車が日本を代表する次世代技術であることは周知の通りだが  電気自動車(EV)も日本メーカーが世界市場で先駆けとなり、先頭を走っている。 未来、本当にEV社は普及するのか?そうなった場合、どんな周辺ビジネスが起こる だろうか?

 

◆DAY3、10月5日

19時〜22時 プレゼンテーション&討議 参加者は各自、”討議テーマ”1、?5、から1つを選びDAY1,2討議時間、 全員で議論した内容と、自身の考え反映させプレゼンテーションを行い、 再び全員で討議する。

【事前課題】

1,「ブレークスルーの瞬間」(近代セールス社)を熟読。

2,討議時間で取り上げたいテーマ案を事前提出。

(今回決定分については上記の通り)

 

【参加対象】

・自社内で事業開発業務に携わっている担当者
・第二創業期であるという経営者
・企業や組織の盛衰を分けるポイントに興味のある方

 

【期待成果】

・ビジネスの全体観を捉える視点が得られる
・新規事業開発における勘所を養える
・物事の本質を捉える視点が得られる

 

【会場】

創生ビレッジ 21Cクラブ(東京駅前新丸ビル10F)   (地図はこちら)

 ※詳細な会場名などは後日ご連絡いたします



プレ実施(2時間セミナー)に参加いただいた方々の声



 実際に現場で色々と試行錯誤している人らで、テーマを掲げディスカッションするのは楽しいですね。 僕も色んなヒントをもらいました。ありがとうございました。(某大学特別研究員)

 昨日は、ありがとうございました。ビジネスの複雑系、大局観を養う方法、ヒントいただきました。 日々の業務の中で、“明日の仕事”をサボらぬように精進していきたいと思います。 楽しい時間でした。(某メーカー経営企画部)

 目先の業務に埋没しがちな中、大きく捉えることの大切さをあらためて学ぶことが出来ました。 (大手広告代理店事業開発部)

 最初は少し戸惑いましたが、いろんな意味でいい勉強になりました。 特に私自身一度起業に失敗した後、二度目の起業を行っているところです。 そのためブレークスルーの前後、環境を踏まえた分析はとても得るところが多く、 今後の参考になる面が多々ありました。(経営者)


講師プロフィール

 株式会社フロイデ会長、シニアパートナー。山形大学客員教授。事業開発プロフェッショナル。
 1957年京都市生まれ。東京大学在学中の1982年にコンピュータソフト制作会社(株)サムシンググッドを設立。以降、日本のITビジネスの黎明期から牽引役として活躍。
 アドビシステムズ(株)(当時社名アルダス(株))を設立し、ページメーカーをはじめて国内に独占契約で導入、日本のDTP市場をゼロから創造した。ソニーSMC70、シャープX68000、WINDOWS3.0J、プレイステーション等の開発に深く携わったほか、インターネット上の電子決済企業である(株)ウェブマネーはそのビジネスモデル構想、戦略構築段階から中心として関わり、インターネット通貨の事実上のスタンダードを獲得、JASDAQ NEO上場を果たす。 また、家庭用ゲーム機及びパソコン用ゲームソフトの企画、開発、販売を行う(株)アルファ・システムや、ソフト流通の(株)ソフトウィングほか数十の企業を創業、各企業の代表、会長に就任。うち数社を年商数百億ビジネスに育て上げる(以上すべて、現在は退任)。
 現在は数々のビジネスを成功に導いた実業家経験を元に、大手上場企業における戦略ビジネスの構想や、老舗企業における新規事業立ち上げ、事業再生などハンズオン型コンサルティング活動を行っている。

著書:頭のいい人が儲からない理由 (講談社BIZ、2007年)
    新規事業がうまくいかない理由 (東洋経済新報社、2008年)
    坂本桂一の成功力 (PHP研究所、2009年)
    新規事業・成功の〈教科書〉 (東洋経済新報社、2010年)
    年商5億円の「壁」のやぶり方 (クロスメディア・パブリッシング、2010年)
専門:新規事業創出、ビジネスモデル構築、M&A

ページの先頭へ

新規事業 セミナー フロイデ

新規事業 コンサルティング 特徴 フロイデ

新規事業 コンサルタント フロイデ